Ragnarok Onlineお絵描きRO黒髪天使冒険記未分類キャラクター天使解体新書ドラブレGv
MMORPGラグナロクオンラインを自分らしく楽しむための創作系ブログ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.25 Thu
≡*ω*)ノ こんちあ! 現在給湯器の故障でお湯がでない部屋に住む双羽っす。

さむい毎日が続きますね……でもまだ東京は初雪が降ってませんよ。
実家は既に銀世界だったのに……。

さて、W君ばりに更新さぼってましたが、今回は待望(?)の黒髪天使冒険記第2話!

最近はチェリエルのLvあげに夢中です。
(えー1月は月坂双羽を転生させるようなことをいってましたがキコエナイフリで……)

歴史学者クエ~
飛行船くえ~
レース!


経験値稼げるクエストやらモンスターレースやらもからめつつLvが68→76になりました!
そんな中(脳内)で生まれた黒髪天使冒険記。では、はりきってどうぞ!
黒髪天使冒険記

====前回のあらすじ====
艶やかに煌めく黒髪をもつ降天子「チェリエル」は、敗北をきっかけに己が欲に翻弄されていることに気がついた。
彼女は自分に必要な何らかの「答え」を捜しに、決意の地プロンテラへと歩を進める。

それは、徐々に彼女の中にある降天子としての目覚めの予兆であった。


 第2話 決意の十字架

カツカツカツ……
鉄の踵と大聖堂の床は広く静かな聖堂に響き渡る音を奏でていた。

大聖堂を歩くチェリエル


ここは首都プロンテラの大聖堂。チェリエルにとってはクルセイダーとして仕える神オーディンの讃える場所であると同時に、チェリエルが戦いを決意した場所でもある。

彼女はかつて戦孤児としてここプロンテラへと預けられ、この大聖堂の近くの孤児院で育った。彼女にとって今日の訪問は久々の報告ではなく、我が家への帰省。

ケイナさま~♪

彼女は聖堂騎士ケイナ=バレンタイン。
かつて教師としてチェリエルに戦いを教えたクルセイダーであり、またチェリエルにとって姉のような存在である。
ケイナは久々の妹の帰還を喜んだが、鎧や盾の傷を見てチェリエルの戦い方を見抜き、叱った。
「冒険者としての力はあっても、聖騎士として神への信仰の力が欠けている」と。

チェリエルは悩んだ。自分は何のために冒険をするのか、なぜ戦うのか、なぜオーディンを見上げるのか……。

・・・・・

彼女はその答えを出せずに、気がつくと聖堂裏の墓地にいた。

ここはかつて、彼女の育った孤児院があった場所だ。この墓地には幼少期を共にした家族が眠っている。

まだ彼女が8つの頃、この地で悲惨な出来事があった。
原因不明の火事により、一夜にして孤児院は全焼。逃げ遅れた子供や院長らは火の海に飲まれ死んだ。
その日チェリエルは聖堂への勤めに赴いており、丁度孤児院へ帰ろうとする正にその直後であった。
彼女は見てしまった。孤児院に火の手が上がると同時に何かの影が孤児院から飛び出し、そのままプロンテラの雑踏の中に消えていくのを。しかし、燃え上がる孤児院を前に、それを追うことができなかった。

その後、チェリエルは聖堂騎士団に入り、クルセイダーを目指したのである。孤児院放火の真相を掴む力と、逝ってしまった家族を供養する心を得るために……。


ふと気がつくとクエスト


男「あんた……この墓の人たちと関係あるのか?」

突然チェリエルは墓のそばにいた男に声を掛けられ、こくんとうなづいた。
話を聞くと、どうやら彼はある男に依頼されて各地の調査を行なっているらしい。その調査の中で孤児院があったこの土地にヒントが隠されていたため、話しかけたのだそうだ。

その話をきいたチェリエルは、心に一つの想いが浮かんできた。
孤児院の事件となにか関係があるのだろうか、と。

チェリエルは男の調査を手伝うことにした。彼の話では、モロクにいる研究者に依頼されたらしい。
意思を継ぐもの

チェリエルはその足でモロクへ向かい、調査の内容を聞くと、かつて彼の祖父が発見したといわれる秘宝のヒントが各地に隠されているのでその調査を依頼しているのだという。

彼女の冒険への好奇心に火をつけたのか、あるいは事件への関係性を探るためか、チェリエルはいても立ってもいられず、その調査に協力することにした。

1週間の間、彼女はプロンテラ、フェイヨン、ゲフェンの街を駆けずり回り、その謎について調べ上げた。
そして、研究者の求めた秘宝については一応の結論はついたのだった。


だが、彼女の疑問が晴れることはなかった。事件とは直接の関係はなかったからである。
行き詰った彼女は、調査の中でわかった怪異の地ゲフェンタワー地下へと歩を進めるのだった。
深い洞窟


調査の段階では、この地下ダンジョンの存在を把握しただけに過ぎなかったので、実際に入るのは今回が始めてだ。死霊のにおいもきつい。ここからはクルセイダーの仕事だと、自分でも理解していた。

ヘリオンの使い魔

ダンジョンの中は死霊の巣窟と化しており、必殺のホーリークロスでも昇華できない死霊も多く存在していた。
自分の力ではこの死霊たちを昇滅させることはできない……そう思ったとき、天上から光が溢れ彼女の心に語りかけるような言葉が溢れてきた。
「我が娘よ……我が剣、我が盾、そして我が心となり天命を全うせしその力を与えよう……」

奥義覚醒!

「……オーディンの剣……聖なる刃……」
彼女は知らぬ間に言葉を紡ぎだしていた。
それは聖なる昇滅の呪文。
それは決意の十字架。

「眼前の敵を昇滅(ほろ)ぼし給え!!」



・・・・・・



彼女はこの冒険を通し、新たな力を得た。
それは心。神への信仰と共に、人を愛する力。

それが、今の自分への「答え」と信じて……

つづく



と、今回はいろいろやったクエストのなかから「ヘリオンクエスト」を題材に話を作ってみましたがいかがでしたでしょうか。

なんか、チェリエルの設定を急遽立てた感じもしなくはないのですが、これはこれで面白くなってきた感じがします。

次回は遂にカブキへの逆襲!そして事件の真相を追うチェリエル!乞うご期待!

……煽り過ぎ?
スポンサーサイト
ぷせる
うちのプリは歌舞伎に勝利しました~~Σ(・д・)

今のところ2勝3敗・・・orz

チェリエルがんばれ~~(^-^)
2007.01.26 Fri 02:18 URL [ Edit ]
双羽
まあ実際はHXだけでカブキに勝てるんですがね……
SPの無駄だから狩ってないだけで。

でもこれからは盾チェリエルに転身しましたから!
**)b
2007.01.28 Sun 03:07 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://cheriel.blog83.fc2.com/tb.php/11-33357136
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。